2010年01月30日

富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)

富士通は、指名委員会の提案を受けて山本正己執行役員常務の社長昇格を内定した。4月1日付けで正式に就任する。間塚道義会長兼社長は代表権を持つ会長となる。

山本氏は、これを前に1月22日付けで副社長に昇格した。

山本氏は1976年に富士通に入社、主にパーソナルビジネス本部を歩んできた。2005年に経営執行役、2007年に経営執行役常務に就任、2008年からはシステムプロダクトビジネスグループ長を兼務している。56歳。

《レスポンス 編集部》

【関連記事】
三菱商事、小林常務の社長昇格を内定
【新聞ウォッチ】春闘10…日産、富士重はベア要求、トヨタ、ホンダは見送り
富士通 特別編集

首相、開き直り? 「秘書と政治家、同罪ではない」(産経新聞)
首相、普天間移設先「昨年末に決めなくて良かった」(産経新聞)
<ひき逃げ>上司が身代わり出頭 部下の男を逮捕(毎日新聞)
<参院選>公明党、埼玉選挙区に公認候補擁立へ(毎日新聞)
普天間移設で徳之島調査=地元町長は「反対」−民主・牧野氏(時事通信)
posted by オリモ ダイスケ at 15:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。