2010年01月22日

【中医協】先進医療12技術の保険導入を了承(医療介護CBニュース)

 中央社会保険医療協議会(中医協、会長=遠藤久夫・学習院大経済学部教授)は1月20日の総会で、14日の先進医療専門家会議で今年4月の診療報酬改定で新たに保険導入すべきと評価された12技術について厚生労働省から報告を受け、了承した。

 今回了承されたのは、「抗EGFR抗体医薬投与前におけるKRAS遺伝子変異検査」「胎児心超音波検査」「子宮頚部前がん病変のHPV-DNA診断」など12技術。
 施設要件について、厚労省保険局の迫井正深医療課企画官は、「必要があれば修正するが、ベースは先進医療で導入した際の施設要件を踏襲する」と説明した。

 総会ではこのほか、「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を14日の先進医療専門家会議で第2項先進医療に承認したと厚労省から報告を受けた。典型的な1症例に要する費用は、保険外併用療養費が55万4000円で、自費負担となる先進医療費用が75万9000円(手術1回分)。


【関連記事】
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議
先進12技術を「保険導入が妥当」と判断−専門家会議
10月受付分の3技術を承認―先進医療専門家会議
【中医協】「高度医療」1技術と医療機器40件の保険適用を了承
検体検査の外部委託実施を初承認―先進医療専門家会議

職業能力大、廃止前提にせず=長妻厚労相が視察(時事通信)
「パン、パン」と5、6発=周辺血まみれ、倒れる男−「助けて」と悲鳴・大阪(時事通信)
<平沼元経産相>新党結成の方針「参院選前に」(毎日新聞)
<交通事故>降雪でスリップ パトカーなど5台追突 飛騨(毎日新聞)
ハイチ大地震 日本の専門料理店で募金 客から支援の声(毎日新聞)
posted by オリモ ダイスケ at 14:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。